限度額は増やせるの?

10万円の限度額で初回は2万円を借り入れ、翌日に更に5万円を借り入れる。
この場合、限度額内ですので翌日にもう1万円借りても問題ありません。手続きをする必要もありません。
しかし、10万円の限度額内で8万円を借り、翌日に更に5万円を借り入れたい場合は限度額の増額申請をする必要があります。

増額申請手続き自体は実に簡単です。
申し入れを行って審査を通過すれば限度額が引き上げられることになります。
ですが、手続きの簡単さに反し、増額申請の審査はかなり厳しいものです。
カードローン利用初日に限度額の金額を借りてしまい翌日に増額の手続きをした場合は、まず審査は通らないと思ってください。
なぜなら、信頼関係が築かれていないからです。

皆さんは人となりを知らないのにお金を貸すでしょうか?
少額で、しかもそれが仕事というのであれば貸すかもしれません。
しかし、翌日すぐに「足りないからもっと貸して!」と言われると、さすがに不安になるのではないでしょうか。
銀行がお金を貸す際に「返してもらえるのかな?」「この人は大丈夫かな?」と不安を覚えるところは私達とまったく変わりません。
特に、貸してすぐの増額申請は不安です。一度もきちんと返してもらったことがないのですから。

まずは最初に借りたお金をきちんと返してください。
自分は信頼できるのだと行動で証明する。
借りた分をきちんと返済する姿勢を見せることで信頼関係が生まれます。
貸し借りを少なくとも数ヶ月は続け、きちんと自分という人間を信頼してもらった上で増額手続きを行ってください。
そうすれば、あなたの姿勢を評価した銀行はきちんと審査を通してくれるはずです。
専業主婦が限度額を増やすためには、カードローン申し込み会社との間に信頼関係を築くことが何よりも大切なのです。

増枠のポイントまとめ

新規契約から期間が経っている

最低半年から1年以上、期間があるほうがよいとされています。

遅延・延滞がない

返済期日を守れなかったという場合は増額は厳しくなります。 最少返済額に足りていないなど、期日以外にも返済状況は重要です。

利用実績がある

延滞をしたことがないといっても契約から一度も借りていない状況の場合は信頼関係が築けているとはいえません。 利用状況は借入と返済が両方ある状態が望ましいです。 完済してからまた借りて、完済という状況でも利用実績になります。

他社借入が増えていない

借入中にさらに他社で新規で借りていたら、増額は厳しくなります。 新規ではなくとも、他社の借入残高が増えている場合も影響します。

増額の案内が来たら確実?

業者から利用限度額を増額しませんかというハガキやメールがくることがあります。 その場合でも他社借入の件数や借入額を把握せずに来ている場合があるので、案内がきたからといって必ず増額できるとは限りません。 案内が来た場合は増額できる可能性のある期間を利用できていると判断するべきです。

このページの先頭へ