夫や家族に内緒で借りるには?

専業主婦は総量規制の対象外である銀行カードローンから借入をすることになります。
銀行カードローンの中でも

    旦那(配偶者)の同意書や収入証明などの書類の提出が必要ない所
  • 申し込みの際はインターネットからの申し込み又は自動契約機での申し込み可能な所
  • ローンカードの発行がない所
  • 現在持っている銀行口座にプラスできる所
  • 在籍確認がない又は旦那の職場に確認が行かない所
から借入の申し込みをします。
条件の合う銀行から借入申し込みをすれば銀行に申し込みに行く時間も省けて家族や旦那にバレずに申し込みをすることができます。

総量規制の対象の消費者金融はなぜバレる?

銀行カードローンは総量規制対象外ですが、消費者金融は総量規制の対象です。 専業主婦の場合、総量規制の対象では、本人だけでは借りられず配偶者貸付の制度を利用するため夫の同意書が必要です。 パートやアルバイトをしている場合は本人の収入があるとみなされ、その1/3まで本人だけで借りられますが、専業主婦の場合はそれができません。 そのため、内緒で借りることができないのです。 ただし、配偶者貸付制度を使えば夫婦の年収の1/3まで借入が認められているので専業主婦自身だけで借りるときよりも借入限度額が大きくとれる可能性もあります。

なぜバレないで借りられるのか?

旦那が記入する書類もなければ提出する書類もないからです。
自宅にカードや書類が届いても専業主婦が借入できるのは銀行だけなので、届くのは全て銀行名入りの封筒なのです。
万が一旦那に聞かれても銀行口座の件と言う事で済んでしまいます。
インターネットからの申し込みをすれば旦那が仕事の間に自宅で簡単に申し込みができ、子育て中の方も銀行に足を運ぶ必要がありません。
上記以外にも自身で最新の注意を払い、証拠の残るものの処理はしっかり行う様にする事でバレずに借りる事ができるのです。

バレずに借りる際に気を付ける事とは?

インターネットからの申し込みで契約をする
銀行への出入りの姿を見られない
忙しい専業主婦でも気軽に契約できる
郵送物
銀行の社名で届くのでチェック
契約書や利用明細が送られてこない様に事前に銀行に伝えておく
電話連絡
在籍確認の有無や旦那の会社に在籍確認が行かないか事前にチェックします
日時の指定ができる銀行もあります。
返済期日を守る
電話連絡が来たり、督促ハガキが来てしまう
1日の遅延でもNGです
   夫や家族にバレずに内緒にできる可能性が非常に高くなりますので上記4つには注意が必要です。

このページの先頭へ