消費者金融と銀行カードローンの違い

専業主婦は総量規制の対象外である銀行カードローンから借入をすることになります。
銀行カードローンの中でもキャッシング・カードローンを取り扱う会社は大きく2種類あります。
1つは消費者金融や信販会社などのノンバンク、もう1つは銀行です。
消費者金融と銀行の大きな違いは、貸金業法の法律の規制の有無です。
消費者金融は総量規制の対象であるのに対し、銀行は総量規制の対象外となります。
消費者金融では、申込みに際し、本人の収入証明書を提出しなければならず、年収の3分の1以上借りることができません。
また、年収に応じた借入限度額が設定されます。仕事をしておらず定期収入のない専業主婦の方はキャッシング審査に通りません。
消費者金融のメリットは、融資までのスピードが早いことです。即日融資が可能なところもあります。
また、借入・返済方法が、コンビニATMやネット銀行、口座引き落としなどが利用でき種類が豊富です。
一方、銀行では、夫に定期収入があれば妻が無収入でも限度額内で借入が可能です。
また、大手銀行などでは審査ハードルが厳しめですが、その分金利が低めに設定されています。
カードローンの審査基準は、返済能力があるかどうかです。
さらに、過去に金融関連のトラブル歴など信用調査が行われます。
返済能力に関しては、パートなのか、専業主婦なのかで年収が推定されます。
これにより限度額が設定されます。希望額が大きい場合は総量規制の法律に従って収入証明書類の提出が求められることがあります。
信用情報については、クレジットカードのショッピング履歴や携帯電話契約などの延滞もチェックされます。
また、申込書に自宅の電話番号を記載すると信用につながるでしょう。
まとめると、現在の金融関係情報を少しの延滞もせずにクリーンに保つこと、希望額を少なめに申請すること、 申込みの際に記載する電話番号は携帯電話のみならず固定電話も記載することなどがポイントです。

専業主婦でも内緒で借りられる?

専業主婦であっても旦那の同意書・収入証明や担保は必要なし!
用意すべき必要書類は運転免許証などの本人確認が可能な書類のみです。
キャッシングは申込者が本人かどうかを確認するために、在籍確認電話をします。
会社員なら勤務先にかけますが、専業主婦の場合は自宅となります。
しかし内緒で借りたいなど個々に事情がある人もいることは金融機関側でも理解しています。
携帯に連絡してほしいと申し出ればOKです。

専業主婦はいくら借りられる?

生活の中から無理なく返済できるように、無収入の主婦は30万円または50万円を上限と定めているキャッシングが一般的。
借入額が大きくなるほど、返済の金額が大きくなり、返済が長引くと利息の支払いも多くなります。
返済困難になるリスクを避けるため、主婦は大きな金額を借りられないようになっています。

参考サイト
■【専業主婦カードローンチョイス
サイトタイトル:専業主婦カードローンチョイス※旦那に内緒で借りられるローン
URL:http://xn--eckn7b4a2bzmob9bwec6643f9r4a8me930d.com/
専業主婦が借りることができる金額を確認できるので、申込時の参考にすることができます。
また、審査基準が掲載されているため審査落ちを防ぎたい方にオススメです。
■【紙幣博物館
サイトタイトル:日本銀行金融研究所貨幣博物館
URL:http://www.imes.boj.or.jp/cm/index.html

お金の歴史を詳しく学ぶことができます。
調査研究資料が公開されているのでより深くお金について知ることが出来ます。

このページの先頭へ